タンパク質の一種

糖尿病を改善するためにはヘモグロビンa1cと言われるものの割合を下げる必要があると説明しました。

しかし、このヘモグロビンa1cという言葉自体がわからないという人も多くいます。
ですから、まずはこのヘモグロビンa1cがどういったものかを紹介します。

ヘモグロビンa1cは血液中に含まれているタンパク質の一種で、血糖値の状態を測るために欠かせない数値です。
ヘモグロビンは体の中に酸素を供給するための働きを行っている物質です。
そのヘモグロビンは血液中の糖と結合するという性質を備えています。
そして糖と結合してしまったヘモグロビンの量を測る数値としての基準がヘモグロビンa1cというわけです。その数値が高い状態が糖尿病と言われるものです。

つまりこのヘモグロビンa1cの割合を下げるためには血液中の糖の割合を減少させるしかありません。
そんな血液中の糖を減少させる為に多くの人が勘違いして行っていることに、運動をしたり食事の管理をしたりといったことがあります。
もちろんそうした生活習慣を改善することも大切ですが、血液中の糖を減少させるには糖代謝自体を上げる必要があります。